生活相談員になるには?仕事の内容は??

介護の最新情報や気になる話題をお届けします

介護職netコラム

生活相談員になるには?仕事の内容は??
  • 生活相談員になるには?仕事の内容は??をはてなブックマークに追加

特養や介護付き有料老人ホーム、デイサービス、ショートステイなど訪問・施設問わずに活躍する生活相談員。興味がある方も多いと思いますが、なるために必要な資格や実際の仕事内容など、ちょっと複雑で分かりにくいですよね。介護職netが簡単に解説します!

メイン画像

生活相談員はどうすればなれる?求められる資格や経験

例えば、介護福祉士になるには「介護福祉士資格」を取ればよいですよね。しかし生活相談員にはそういった「資格」は存在しません。
その代わりに「生活相談員として働くスキルを持っている」ことを証明するための資格や経験が、「要件」として定められています。

自治体問わず通用する、法律や省令によって定められた要件

・社会福祉士
・精神保健福祉士
・社会福祉主事任用資格

自治体によっては認められる要件(一例)

上記要件以外でも、生活相談員就業を認める自治体もあります。

・介護福祉士(実務経験まで求められる場合も)
・介護支援専門員(実務経験まで求められる場合も)
・社会福祉施設や老人福祉施設等での実務経験
・医師や看護師、准看護師等の医療資格
etc...


この他にも「保育士資格」を要件とする自治体もあれば、法律に定められた要件以外認めないという自治体も存在します。詳しくは必ず、就業を希望する都道府県にお問い合わせください


生活相談員の仕事って?相談から事務まで多岐に渡る業務

生活相談員の業務範囲は多岐に渡っていますが、大別すると「専門業務」と「関連業務」に分類することができます。
生活相談員と聞いてイメージされるのは「専門業務」である“相談”や“調整”の仕事だと思いますが、施設の環境によっては、介護職員の仕事とされる“介助業務”や介護事務員が行う“介護保険請求”を任される場合があります。

生活相談員の専門性を発揮「専門業務」

相談業務

主に利用者とその家族からの相談を受けます。入居前やサービス開始時の面談や利用時の会話など、様々なシーンで関わりを持つことで状況把握や問題点の抽出を行います。

調整業務

生活相談員一人の力で、相談内容を解決するのは難しいもの。同僚をはじめケアマネジャー、医療職員、他施設の職員、地域住民など様々な方に協力してもらう必要があります。
そこで関係者同士の調整役として連絡や報告等を行い、状況改善に努めます。

場合によって行う「関連業務」

事務作業

入居時やサービス利用開始時の契約書の作成や介護保険請求、介護計画書の作成などを行います。

介助業務

食事・入浴介助、リハビリ補助、レクリエーションなどを行います。実際に利用者と触れ合う機会を多く持つことで、言葉にならないニーズをくみ取りやすくなるという利点があります。


就業時は注意!仕事内容の確認を

どの業務の比重が高くなるかは施設によって異なります
人手が足りないために介助業務がメインになる場合もあれば、分業制になっているため相談業務や調整業務に特化できる施設もあります。

実際に就業してからミスマッチが起こらないよう、面接時には「実際にどのような業務を行うのか」具体的に確認する必要があるでしょう。

介護職netコラムについて介護職netコラムでは、介護職netに掲載している求人情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

  • 生活相談員になるには?仕事の内容は??をはてなブックマークに追加

関連ワード

職種から求人情報を探す

介護職で輝きたいあなたに!

無料転職支援サービス

  • 未経験者OK
  • 年齢制限なし
  • 豊富な施設形態
お仕事サポートに登録する(無料)